新三河物語 宮城谷昌光

 大久保平助(通称彦左衛門)が九平次に明日、「小県と佐久の群境へ往き、立て札を建ててきてもらいたい」
平助は大きな木の板に、
「捨てて入る可し。安房守殿へ、平助」とかいた。
昌幸は、「平助はさきの戦いで、我が家中の脛の白き若武者を、あえて見逃した。それを惻隠の情といい、仏の慈悲にかようものだ。いま小諸の城主は十六歳の依田源十郎を攻め殺すことは、惻隠の情を捨てることになり、平助にできたことが、われにはできぬ、ということになろう」と、心事をあかした。
このあと真田昌幸はまったく兵を動かさず、内政に専念した。

 侍の矜恃を感じさせて、良い話ですねー。




F927D6B4-DD48-4245-BA28-DA83F60BA284.jpeg
F50 製作中


 貴方の想いを形にします。肖像画のご用命は信頼と実績のある竹内肖像画房にお任せください。


tel 045-367-7406




E22B8E77-7216-4B63-BBE0-A97852C7829A.jpeg


   人種差別絶対反対!

    竹内肖像画房



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント