文は力なり

 新三河物語を再読した。三河徳川家に仕えた大久保一族の歴史を、大久保彦左衛門が書いたものが三河物語である。大久保家が家康の不興をかい失脚する。三河物語を読んだ、2代将軍秀忠、3代将軍家光により大久保一族は新たに評価されるのである。
文は力なり!



E89FC44F-2D82-48A3-AED4-6261FA72F452.jpeg


AB9B533D-76CE-4103-8811-E6D2C5F4B449.jpeg

 ご一族の歴史を物語ます。肖像画のご用命は信頼と実績のある竹内肖像画房にお任せください。

tel 045-367-7406




54C4F919-FF7A-4C63-9ADD-52E3C7AB891B.jpeg


E22B8E77-7216-4B63-BBE0-A97852C7829A.jpeg

 新型コロナウィルスの第2波、3波に備えて、3密は控えましょう。

     竹内肖像画房



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント