新三河物語 宮城谷昌光

 大久保平助(通称彦左衛門)が九平次に明日、「小県と佐久の群境へ往き、立て札を建ててきてもらいたい」平助は大きな木の板に、「捨てて入る可し。安房守殿へ、平助」とかいた。昌幸は、「平助はさきの戦いで、我が家中の脛の白き若武者を、あえて見逃した。それを惻隠の情といい、仏の慈悲にかようものだ。いま小諸の城主は十六歳の依田源十郎を攻め殺すことは…
コメント:0

続きを読むread more