文は力なり

 新三河物語を再読した。三河徳川家に仕えた大久保一族の歴史を、大久保彦左衛門が書いたものが三河物語である。大久保家が家康の不興をかい失脚する。三河物語を読んだ、2代将軍秀忠、3代将軍家光により大久保一族は新たに評価されるのである。 文は力なり!  ご一族の歴史を物語ます。肖像画のご用命は信頼と実績のある竹内肖…
コメント:0

続きを読むread more