白洲正子の著作物である。タイトルは洋画家の梅原龍三郎の書です。梅原とは数十年来のつき合いといことで、白洲正子の交友関係の広さを知らされました。  道と読めるから良いが、古い書だと読めないことが多い。なんでも鑑定団で、古人の書を解読する鑑定士の方にはどのように勉強すればあのような解読することができるのか教えていただきたいもので…
コメント:0

続きを読むread more